これは、赤ちゃんからお年寄りまで、国民全員の頭数で割ると、一人当たり433万円の借金を国がしている、ということです。

また、日本の国債については、国内総生産GDPに対する国債の発行残高の割合が、他の先進各国に比べて、著しく高いといわれています。

他の先進各国は、借金でまかなう割合を抑えることに成功しつつあるのです。

 

日本の借金の多くは、国債発行によるものです。

日本の借金の多くは、国債発行によるものです。

国債発行が増えたのは、バブル崩壊後のことです。

それまでは、税収が多く入っていたので、国債発行は行われていました。

また、バブル経済の真っ只中には、公共事業への投資が積極的に行われていました。

 

広告